おっりょーの笑顔ひとつぶん~Sapphire Coastへの道~

!今日のトップニュース!

日刊自動車新聞の今日のトップニュース。

『軽自動車各社、ハイト系人気に割り込めず走り重視の新機種苦戦』
 軽自動車のバリエーションが広がりを見せる中でメーカーが「走りの良さ」を前面に打ち出して投入したスズキ「セルボ」、ダイハツ工業「ソニカ」、三菱自動車「i(アイ)」といった一連の新機種が販売面で苦戦している。
 いずれも全高を抑えたり独自の後輪駆動方式を採用するなど、「ワゴンR」「ムーヴ」に代表される主流のハイト系とは異なる個性を表現し走りの評価は高いものの当初見込んだ実績には届いていない。ただ、各社はこれらの車種の開発を通じて得られたノウハウの展開に期待をかけている。


                    三菱アイ
f0098768_23193228.jpg

                  ダイハツ・ソニカ
f0098768_23203348.jpg

                  スズキ・セルボ
f0098768_23211827.jpg

ワゴンRやムーブ、タントといったハイト系がバカ売れで、なんでこの3車があまり売れてないのか?おっりょーには全く理解できない。 
みんな「気持ちよく走れる」ことより「広いこと」の方が優先するんでしょうか? 
最近車が売れないっていうのも、走る楽しみを味わいたいっていう車に興味がある人が減ってるからのような気もします。

ところでこの3車、おっりょーは試乗したことがあります。
アイはデザインに驚き、運転してみてもっと驚く車。リヤエンジンの後輪駆動だから小回りが効いてハンドリングは抜群。運転がうまくなったような錯覚をおこす運転が楽しくなる車です。

ソニカは走り出してみてビックリ。静かで加速も抜群、インパネの雰囲気も上質でパッソやビッツなどを上回る質感&走りです。 ただデザインが情けない、昔のホンダトゥディをパッくったようなデザインは新鮮味なし。

セルボは「昔の名前で出ています」だけど、ワゴンRなんかよりはずっとデザインも洗練されてて、インパネの質感(シボ)の上質さは、一度実車を見て確認してほしい。
走りも直噴でストレスないし、販売のスズキなのになんでセルボがあまり売れてないのか不思議でならない。
[PR]
by okkz | 2008-03-07 23:08

オーストラリアをこよなく愛して28年、超雨男&天邪鬼のおっりょーがひとこと物申す。。
by okkz
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

お気に入りブログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな